エコを意識してリサイクル商品を活用しよう!

MENU

私たちにできる身近なエコ、日ごろ捨ててしまう資源ごみ活用法

天候の変化が激しい昨今、地球温暖化の悪化は少なくとも私たち人間の行いです。身近にできるエコがあったらぜひとも皆さんやっていただきたいです。小さな行いが多く積み重なられば必ず結果として出るはずです。以外と知られていない資源ごみ。主に、アルミ缶・ペットボトル・電池・紙製品など身近なものが多いですね。私も調べるまで普通に捨てていました。もちろんリサイクル、やものによってはお金に換金してくれるものもあります。たとえば、お茶やコーヒー、普段当たり前のように自販機で買う飲み物(アルミ缶)。今では学校で回収してリサイクルし、そのお金を募金したりしています。同じく、ペットボトルもそうです。紙製品などは、とあるファーストフード店の紙袋だったり、トイレットペーパーやノートになどリサイクルされていますね。

このように身近にリサイクルが行われていることが現実になってきています。個人でやるのは以外と無意味、そう思ってしまいがちです。ですが、お金に換えてくれるとなると以外とやる気がでるものですね(笑)普段当たり前のように捨てているごみ。それは資源ごみだったりしませんか?今一度ごみの分別など見直してみてください。以外と最初は気付かないものです。小さなエコへの取り組みが大事なのです。自分たちで汚した地球、自分たちで綺麗にしましょう!個人、個人でも大勢となれば変わってきます。変わってきた地球を悪化させず維持していきましょう!

Copyright (C)2017エコを意識してリサイクル商品を活用しよう!.All rights reserved.