エコを意識してリサイクル商品を活用しよう!

MENU

資源ごみを有効活用し、エコ社会に!

資源ごみは、必ず回収する日に出すようにしましょう。なぜなら、資源ごみはあくまで資源になるものなので、ごみという言葉がついていても、ごみではないからです。たくさん集まれば、それだけの資源に生まれ変わるのです。例えば、ビン類は、洗浄し、衛生検査を行った上で再利用が可能だと判断された場合、そのままの形で再利用ができます。もしくは、アスファルトなどの原料にもなります。ペットボトルは、細かく砕いて、またペットボトルにリサイクルされたり、ピアスなどに使われている、樹脂になります。意外と知られていませんが、樹脂って、こういったところからも作られている、エコな材料なんです。

また、紙パックや新聞紙は、トイレットペーパーや、ティッシュになります。よく古紙回収車がまわっていますよね。古紙回収車に、古新聞を渡すと、トイレットペーパーをもらえることをご存知ですか?実は、リサイクルマークのついたトイレットペーパーは、こういったものが原料として使われているんです。あと、意外と捨てられない雑誌。こういったものは、思いきって回収に出してしまいましょう。雑誌はインクを抜き取ったあと、再び加工されて、紙製品に生まれ変わるのです。これを原料として、また面白い雑誌をつくってもらいましょう。しかし、プラスチックは、回収される量が少ないため、リサイクルできないまま、ごみになってしまうことが多いそうです。資源を大切に使うために、プラスチックも積極的に資源回収に出しましょう。

注目の情報

Copyright (C)2017エコを意識してリサイクル商品を活用しよう!.All rights reserved.