エコを意識してリサイクル商品を活用しよう!

MENU

エコや資源ごみの問題を見る視点

エコや資源ごみなどの社会的な大きな問題を考える時に、ただ出されたものだけに目を向けても、問題はなかなか解決しないのだと思います。昔は日本でもごみというものはすべて、土に返すことができたものばかりで、肥溜めのようなものまで作り、畑などに再利用していました。それらを都会から購入したりしていた文化もありました。そのようなことを考えると、今の世の中で、それをそのまま利用することはできませんが、製品を作るところから、ゴミが出ないような製品や、自然に土にかえるような製品なども作られているので、コストの面を何とかしてでも、生産から消費までを見据えた製品を作っていくという取り組みをもっと考えてもいいのではないかと思います。

もちろんそのような取り組みの事実があるのは、よく知っていますが、現実に実行されなければ何の意味もないでしょうから、これほどの技術があり科学も進歩しているのですから、そのようなシステムや製品を生み出すノウハウを新しい産業として輸出できるようになれば、日本の未来も明るいでしょうし、世界のためにもなるのだろうと思います。そのためにはやはり子どもたちの教育からエコや資源ごみの処理やそれらのごみへの考え方、工夫の仕方などを教育するのが大切だろうとも思います。今の技術や事情からのアプローチと、これからの可能性を生み出す種をまくことも重要ではないかとも思うのです。もうそれほど大きな問題になっているのがエコとごみの問題なのでしょう。

注目の情報

Copyright (C)2017エコを意識してリサイクル商品を活用しよう!.All rights reserved.