エコを意識してリサイクル商品を活用しよう!

MENU

人にやさしいエコや資源ごみの取り組み

もともとエコロジーとは、私達の生活を豊かにしてくれた科学技術が自然破壊や公害を生み出して、それがあまりにも私達に対して影響が大きかったので、当然の結果として生まれてきたものだと思います。日本においても高度経済成長の時に先進国に仲間入りし、我が世の春を謳歌したつけとして、公害問題が話題になり、今のエコや資源ごみなどのゴミの処理の問題に繋がって来ました。私なども昔はごみも簡単に分別することなく、好きな時に回収する場所に出しておけばよかったと記憶していますが、とくに都会では、そのうちにあまりのゴミの量から分別して出すことが始まり、燃えるゴミや資源ごみの回収の方法などで混乱したのも覚えています。

またゴミの処理の場所も問題で、処理場の立地の問題や住民の反対運動など数限りなくあり、最近ではごみ処理を拒否するような自治体の話もありました。燃えないごみでも燃えるゴミに出したら、注意されてその反論で、これは燃せば燃えるでしょうと言われて反論できなかったというような笑い話もありました。しかし現時点では、もうそのような笑い話も出ないほど深刻になっていますから、もう一度エコロジーやごみとは何かということも考えて、私たち一人一人がごみを出来るだけ活用できるようにすべきだと思います。使えるものはたくさんあり、資源ごみという名前のとおりに資源になるものは、ごみではなく資源という意識で接するべきではないのかとも思います。

注目の情報

Copyright (C)2017エコを意識してリサイクル商品を活用しよう!.All rights reserved.